ホームCSR事業活動によって生じる社会的課題 環境保全(水資源の保全)

ESG指数、SRI指標と銘柄への組み⼊れ

事業活動によって生じる社会的課題 環境保全(水資源の保全)

水資源は生物の生存に不可欠な資源であり、グローバルにみると、特に淡水は限りある貴重な資源となっています。気候変動の影響も受け、日本国内でも異常気象による自然災害により水資源が影響を受けており、水資源の適切な管理が必要とされています。
JSRグループは、この水資源を、飲料用以外に、製造工程における原料および冷却水等に使用しています。水資源のプロセス内における循環利用等に取り組むとともに、使用後は、適切な浄化処理をし、河川などに排出しています。

1.水資源使用量の内訳(取水源別)および循環利用率

JSRでは、水資源として工業用水、地下水※1、上水道を2018年度は15,275千m3使用しました。この内、29.3%を各工場のプロセス内で循環利用しています。『現在の循環利用率の維持』を目標としてこの取り組みを継続することにより、水資源の管理に努めていきます。

(千m3/年)
年度 2013 2014 2015 2016 2017 2018
工業用水 14,73414,35914,19013,91713,66714,790
地下水 234357253354393313
上水道 167159158176200172
水資源使用量合計 15,13414,87514,60014,44714,25915,275
循環利用水量 4,4964,2494,1594,1934,2504,481
循環利用率(%) 29.728.628.529.029.829.3

※1 地下水に関しては、四日市工場および千葉工場では使用していません。

2.グローバルの推移
水資源使用量および総排水量

2018年度のグローバルの水使用量は、21,234千m3で前年度比7%増となり、総排水量は、17,587千m3で前年度比4%増となりました。グローバルにおいても、水資源の適切な管理に努めていきます。

水資源使用量 総排水量