ホームCSR事業活動によって生じる社会的課題 環境保全(生物多様性保全)

ESG指数、SRI指標と銘柄への組み⼊れ

事業活動によって生じる社会的課題 環境保全(生物多様性保全)

1.JSRグループの生物多様性保全方針

JSRグループでは、これまでの生物多様性保全に関する取り組みから見えてきた課題を整理し、2012年度に生物多様性保全に関する方針を策定しました。この方針に基づいて、具体的な活動を推進しています。

JSRグループは、持続可能な社会の構築に貢献するために、事業活動がどのように生物多様性に依存し、影響を与えているかの把握に努め、生物多様性保全への配慮を推進していきます。

  1. 天然由来の原料資材等の調達において、生物多様性保全への配慮に努めます
  2. 事業所の緑地を生物多様性に配慮したものにするための取り組みを推進します
  3. 生物多様性に配慮した製品開発を推進します
  4. 社員の参画や地域社会との連携を重視した取り組みを推進します

方針策定のプロセス

JBIB※1の「生物多様性関係性マップ」を活用し、自社の事業の生物多様性への依存と影響について把握しました。これに基づいて「JSRグループの生物多様性保全方針」を策定しました。

※1 JBIB(Japan Business Initiative for Biodiversity)一般社団法人 企業と生物多様性イニシアティブ

2.活動の進捗状況

方針1.天然由来の原料資材などの調達において、生物多様性保全への配慮に努めます。

1) 生物多様性に影響を与える可能性のある天然物由来原料の把握と調査を実施。

主原料では該当品はないものの、一部の副原料に該当品があることを把握し、その影響を調査した結果、現状では問題になるものはありませんでした。今後も新たに対象となる可能性のある原料資材を使用する場合は、調査を実施します。

2) 持続可能な紙利用について

CSPUロゴ主原料ではないものの、コピー、刊行物、封筒、包装資材として使用される紙について、「持続可能な紙利用のためのコンソーシアム」に2013年の設立以来参画し、社会全体への持続可能な紙の利用と拡大・浸透を図っています。JSRグループでは、森林資源の持続可能な利用の観点から、2013年度に「JSRグループ紙調達に関するガイドライン」を策定し、これに従い、社用封筒やコピー用紙などについて「古紙を主原料とする用紙、又はFSC等の森林認証紙」を優先的に調達する活動を推進しています。また2018年度には、FSCの認知度向上を目的に、FSCジャパンが主催するキャンペーン“FSCフォレストウィーク2019”にも賛同し、FSCマークの普及に協力しています。このキャンペーンは、「いつものお買い物で森は守れます。見つけよう。森を守るマーク」をコンセプトに、一般生活者に対するFSCの普及啓発を目指すものです。本キャンペーンの詳細は以下のURLをご覧ください。

方針2.事業所の緑地を生物多様性に配慮したものにするための取り組みを推進しています。

国内3工場および筑波研究所では、JBIB「いきもの共生事業所推進ガイドライン」に基づいて行った事業所緑地の調査結果および専門家の協力を得て作成した緑地改善計画を基に、2014年度までに緑地の整備を行いました。その後は各事業所が主体的に活動を継続しています。

四日市工場
取り組みの概要
  • 工場の緑地をコミュニケーションや環境教育の場として積極的に活用していく。
  • 社員の家族を招いての生物多様性に関するイベントの実施
  • 工場敷地内および社宅地区内の生物多様性緑地の維持管理
2018年度の取り組み
  • 工場敷地生物多様性緑地を工場視察下車ルートに追加。また2018年11月より職場単位での見学の受入れを開始。
  • 専門家による工場生物多様性緑地の生き物調査実施
  • 計画していた地元博物館学芸員の解説による従業員家族を対象とした自然観察会は、雨天により中止。
  • これまで整備した工場敷地内および社宅地区内の生物多様性緑地の維持管理
今後の活動計画
  • 工場敷地内生物多様性緑地の見学受入れ継続
  • 地元博物館学芸員の解説による従業員家族を招いての自然観察会の開催
  • 3年に1度のペースで、専門家による生物多様性緑地における生き物調査の実施。
  • 工場敷地内および社宅地区内の生物多様性緑地の維持管理
専門家による生物多様性に配慮した緑地内の生き物調査

専門家による生物多様性に配慮した緑地内の生き物調査
四日市工場の緑地を生物多様性に配慮した緑地として整備し、その後、専門家による生き物調査でその効果を測り、改善に努めています。

千葉工場
取り組みの概要
  • 工場敷地内緑地「憩いの広場」を生物多様性に配慮した緑地として整備し、生物多様性のコミュニケーションの場として活用する。
2018年度の取り組み
  • 伸びた枝や不要な幹を伐採し、太陽光が地面に届き、新しい芽や植物が育つよう整備。
  • 工場敷地内に池を整備し、魚類が生息できる環境を整え、水質を保つ工夫として水流を作り、多孔質の石を入れた。
今後の活動計画
  • 憩いの広場の整備と活用の検討。
間伐後

間伐後

鹿島工場
取り組みの概要
  • 工場敷地内に地域の生物体系を再現するための「池」を整備、また緑地帯の木々に巣箱を設置し、全ての生き物に配慮した緑地管理を行う。
  • 地域の方々、従業員の家族との生物多様性コミュニケーションの場として活用する。
2018年度の取り組み
  • 緑地に柿、みかん、レモン、ゆずなど、各種実のなる木を植樹。(5月)
  • 巣箱設置全エリアの経過観察を行い、一部の巣箱で繁殖していることを確認。巣箱も増設。(5月、9月)
  • 外来植物(オオキンケイギクおよび夾竹桃)の除草を実施。(6月)
  • JBIB土地利用通信簿評価の定期実施。得点は昨年度とほぼ同じで生物多様性に配慮した緑地を維持できていることを確認。
  • 緑地整備強化として全面的な緑地管理計画の見直しを行い、運用体制を整備。
  • 池の清掃を定期的に実施。
今後の活動計画
  • 2018年度に構築した新緑地管理体制の実運用開始および運用後の問題点摘出と対策の実施。
巣箱の増設

巣箱の増設

筑波研究所
取り組みの概要
  • 生物多様性推進エリアを設定し、生き物に配慮した緑地管理を行う。
2018年度の取り組み
  • エリア内での化学物質(除草剤/化学肥料)の原則使用禁止
  • 落ち葉や枯れ枝の土壌化(物質循環への配慮)
  • 定期的な外来生物の監視
今後の活動計画
  • 生物多様性推進エリアを設定し、生き物に配慮した緑地管理を行う。
生物多様性推進事務局掲示板「この時期の花」による啓発活動

生物多様性推進事務局掲示板「この時期の花」による啓発活動

方針3.生物多様性に配慮した製品開発を推進します。

環境負荷の少ない原材料の調達や製品の開発を行うことで、生物多様性に配慮した製品開発に努めています。

方針4.社員の参画や地域社会との連携を重視した取り組みを推進します。

各事業所での取組みの中で、各種イベントを紹介しています。