ホームCSR事業活動によって生じる社会的課題 ステークホルダー・コミュニケーション(株主・投資家)

ESG指数、SRI指標と銘柄への組み⼊れ

事業活動によって生じる社会的課題 ステークホルダー・コミュニケーション(株主・投資家)

経営の効率化、透明性、健全性の維持・向上により継続的に企業価値を創造し、株主の皆様にとって魅⼒ある企業の実現を⽬指しています。

1.基本的な考え方

JSRグループは、長期的視点に立って研究開発の強化に努め、新たな事業展開により競争力強化を図り、業績を持続的に向上させることが最も重要な課題であると考えています。
また、信頼され魅力ある企業体質の構築を目指し、コーポレート・ガバナンスの強化充実に取り組んでいます。独立した立場の社外取締役と社外監査役を選任することで、経営の透明性、健全性を高めるとともに、経営の監視・監督機能の強化を図っています。

2.行動規範

株主の皆様への責任を果たすため、次の行動規範を定めています。

(1)適切な情報の記録と開示に関する行動規範

  • ① 企業経営と事業活動に関する情報を適時適切に開示します。
  • ② 事業活動の実態を、成果だけではなくその成果達成の過程を重要視し、事実に基づき正確かつ明瞭に記録・記帳することに努めます。

(2)インサイダー取引防止に関する行動規範

  • ① 業務上知り得たJSRグループまたは他企業の重要事実に関する情報を、私的利益のために使用しません。
  • ② 未公開の重要事実に関する情報を有する場合は、その情報が公開されるまで、情報を漏洩しません。また、JSRまたは当該他企業の株式等の売買を行いません。

3.投資家向け広報(IR)

JSRグループは、株主・投資家の皆様にきめ細かなIR活動を行い、経営状況と会社の方針について迅速かつ正確にお伝えするよう努めています。

(1)株主総会

株主総会パネル展示

株主総会パネル展示

JSRグループの定時株主総会では、株主の議決権行使を円滑にするため、以下の通り様々な取り組みを推進しています。

■株主の議決権行使を円滑にするための取り組みの例

  • - 株主総会集中日を避けた早期開催
  • - 株主総会招集通知の早期発送
  • - インターネットによる議決権行使の採用
  • - 機関投資家向け電子議決権行使プラットフォームへの参加
  • - ホームページへの和文および英文招集通知の掲載、スマートフォン対応など

また、株主総会の招集通知添付書類については、法定記載事項以外に当社製品や中期経営計画の概要といった参考情報の記載の充実、グラフや写真の活用、カラー印刷などにより、わかりやすいものにするよう工夫しています。

さらに、株主総会の会場では会社紹介パネルの展示や画像と音声を用いた事業概況の説明、社長による中期経営計画の説明など、当社への理解が深まるように工夫しています。

(2)株主および投資家とのコミュニケーション

IRミーティング

IRミーティング

四半期ごとに決算説明会を実施しているほか、機関投資家・アナリスト向けや個人投資家向けのセミナーの開催など、株主・投資家の皆様と幅広く双方向のコミュニケーションを図っています。

2018年度は、国内外の投資家と年間約240回のミーティングを⾏いました。その他、機関投資家アナリスト向け、および個人投資家向けのセミナー(説明会)に複数回参加しました。コミュニケーションにより得られた意見や質問は、定期的に経営陣にフィードバックしています。

また、当社グループの事業活動のグローバル化の進展を踏まえ、資本市場における財務情報の国際的な比較可能性向上を目的とし、2018年3月期からIFRSを任意適用しました。

※ International Financial Reporting Standards、国際財務報告基準

① ホームページでの情報開示

ホームページでは株価やニュースなど、タイムリーな情報提供を行っています

ホームページでは株価やニュースなど、タイムリーな情報提供を行っています

JSRグループの最新の財務・業績関連情報をお伝えするために、ホームページに「投資家情報(IR)」を掲載しています。IR最新情報やニュースリリース、最新の株価情報が見やすく表示されるほか、決算資料、アニュアルレポート、IRニュース、当社株式関連情報、株主総会関連資料、個人投資家向け企業情報などのIR資料を掲載し、わかりやすくタイムリーな情報の提供に努めています。

② アニュアルレポートでの情報開示

各年度の財務報告や、経営・事業の状況についてまとめたアニュアルレポート(英語版)を毎年発行しています。
また、2018年度はアニュアルレポート(日本語版)も発行いたしました。

③ 冊子『こんなところにもJSR』

JSRグループの製品が、社会の様々なところで素材、部材として使用されているということを株主の皆様に理解していただくために、わかりやすい解説冊子『こんなところにもJSR』を毎年制作しています。エコタイヤ、スマートフォン、ライフサイエンスといった先端分野におけるJSRグループ製品の関わりについて、毎回テーマを決めて紹介しています。

④ 環境情報開示基盤整備事業

当社は、環境省が進めている「環境情報開示基盤整備事業」に参加し、情報を開示しています。

4.株主の構成

株主の構成

JSRの株主数は、2019年3月31日現在17,678名で、所有者別の株主構成はグラフの通りです。

※ 持株比率は、発行済株式の総数から自己株式数(5,694,949株)を減じた株式数(220,431,196株)を基準に算出し、小数点第3位以下を四捨五入して表示しております。