ホームCSRJSRグループのCSR JSRグループ中期CSR計画

ESG指数、SRI指標と銘柄への組み⼊れ

JSRグループのCSR JSRグループ中期CSR計画

JSRグループでは、2017年度からスタートした「JSRグループ中期経営計画JSR20i9」に連動し、CSRにおいても2030年頃のあるべき姿を描いた上で、次の通り「JSRグループ中期CSR計画」を策定しました。

事業活動の基盤となる課題

事業活動の基盤となる課題 長期目標
(〜2030年)
JSR20i9での取り組み JSR20i9での目標 関連する
SDGs
コーポレート・ガバナンス 持続可能な成長の礎となる強固な経営体制が機能し、社会からも信頼されている コーポレート・ガバナンスコードへの継続対応と実効性向上
  • ステークホルダーへの情報提供機会拡大
 
コンプライアンス JSRグループ全ての役員・社員がプライドと責任ある行動がとれている
  • 各国の法令遵守
  • 法改正への確実な対応
  • モニタリングの強化
  • 企業倫理の啓蒙継続
  • 海外主要国での法令遵守強化
  • 法令教育の継続実施、グループ内不正事例の公表ならびにCSRキャラバンによるコンプライアンスおよび企業倫理意識の高揚
 
リスクマネジメント グループ全体でリスク低減に向けた対応と有事への備えができている
  • グループ全体でのリスクの把握と共有がなされ適切な対策が立てられている
  • 情報セキュリティの強化
  • 変化に対応したリスク抽出とそのPDCA対応
  • 国内グループ会社のBCP策定
  • 情報リスク件数の低減
 
レスポンシブル・ケア 環境負荷低減、気候変動緩和、水資源の保全、廃棄物削減、安全衛生の取り組み、ステークホルダー・コミュニケーションなど、RC活動の各目標を達成 環境負荷低減、気候変動緩和、水資源の保全、廃棄物削減、安全衛生の取り組み、ステークホルダー・コミュニケーションなどに記載の取り組み 環境負荷低減、気候変動緩和、水資源の保全、廃棄物削減、安全衛生の取り組み、ステークホルダー・コミュニケーションなどに記載の目標  

事業活動によって生じる社会的課題

事業活動によって生じる社会的課題 長期目標
(〜2030年)
JSR20i9での取り組み JSR20i9での目標 関連する
SDGs
安全衛生の取り組み JSR安全文化が醸成され、安全最優先の価値観が全従業員に浸透し、安全・安心な職場が維持されている
  • 安全基盤について
  • 労働災害、プロセス災害撲滅に向けた安全基盤のさらなる強化
  • 安全文化について
  • 安全の価値観浸透と人材確保
  • ことが起きて初めて行動する「反応型」からの脱却
  • 「依存型」(自分のこと以外はひとまかせ)から「独立型」(各自が安全活動に主体的に参加)に向けての足固め

※ DuPont社の「統合的安全アプローチ」に基づく安全文化の評価指標

8
環境負荷低減
  • 大気環境への負荷低減
  • 化学物質排出量の着実な削減
    (VOC、PRTRなど)
  • 売上高原単位指数を用いた管理の継続
  • 化学物質排出量の削減
    (VOC、PRTRなど)
  • SOx、NOx、ばいじんの排出量:売上高原単位指数を用いた管理継続(現状より悪化させない)
  • VOC排出量、PRTR排出量:継続的改善策の策定
    (マテバラ精度向上と削減対策のスクリーニングを行い、改善の方向性を明らかにする)
12
気候変動緩和 パリ協定の目標達成と低炭素社会の実現に向けての貢献継続
(CO2排出量:政府目標を念頭に削減を進める)
パリ協定対応に向けたCO2排出量削減と省エネルギー推進
  • 政府目標を念頭に削減を進めていく
  • 省エネ法に従い、エネルギー原単位を毎年1%削減
13
水資源の保全 水資源への負荷が限りなくゼロに近くなり、持続的な水利用が可能となっている
  • 水質保全技術・設備向上によるリサイクル率の向上と生物多様性保全への貢献
  • 水の利用効率の向上
  • 排水:第8次水質総量規制への対応(四日市工場)、売上高原単位指数の継続的改善(COD、全リン、全窒素)
  • 取水:現在の循環利用水量の維持
14
廃棄物削減 廃棄物総排出量の削減
2030年で2013年度対比 15%削減
場外排出を含めた廃棄物発生量の低減
  • 最終埋立処分量:総発生量に対する埋立量 0.05%以下の継続
  • 総排出量:長期目標に向けた継続的改善
    (中期経営計画期間中の目標値は、長期目標の概ね1/3とする)
12
人権
  • グループ、グローバルでそれぞれ対応すべき人権課題が明らかになっており、対応ができている
  • 主要なサプライヤーにおける人権課題が把握できている
人権デューデリジェンスの推進と対応
  • 人権研修導入、計画的実施(3年間で役員〜社員全員に実施)
  • 主要サプライヤーへの「CSR調達拡大版」による調査実施とフィードバックの100%実施
10
労働環境 働きがいがあり、プライドとモラルが共有され、プライドと責任を意識した取り組みができるモチベーションが高い職場の維持、発展
  • 従業員の健康増進とモチベーションの高揚
  • ワークライフバランスの推進
  • 人材育成のさらなる充実
  • 従業員意識調査結果に基づく企業風土の継続的改善
  • データ解析を活用した健康施策を推進
  • 健康管理のPDCA・KPIの確立
  • 時間外労働削減への取り組み推進
  • 勤怠管理のさらなる適正化
  • 年休取得促進策の実施
  • 生産性を意識した働き方の推進(フリーアドレスなど)
  • テレワーク勤務制度の導入検討
  • 従業員一人一人のキャリア志向に合わせた社内教育の充実、Off-JTの拡大
8
ダイバーシティ グローバル企業としての多様な価値観が創出され、それらが受け入れられている
  • 女性および多様な国籍の人材の採用と登用の推進
  • 多様な価値観を受入れ、活用する文化の醸成
  • ダイバーシティの意義の理解、自分ごと化推進
  • ダイバーシティ&インクルージョン浸透活動の推進
  • 女性管理職候補増加の促進、外国籍社員の活躍推進
  • 外国籍社員向け生活ガイドライン作成他、サポート実施
510
サプライチェーンマネジメント サプライチェーン全体でCSR調達が浸透して、サプライヤーと協力して社会課題の解決に貢献している CSR調達の推進による安定調達の確保と品質向上
  • 主要サプライヤーへの「CSR調達拡大版」による調査実施とフィードバック100%実施
1012
ステークホルダー・コミュニケーション
  • 地域社会から信頼されるメーカーとなっている
  • 財務情報と非財務情報の適切な開示がなされ、株主・投資家とのコミュニケーションが取れている
  • JSRのサステナブルの方向性を意識した社会貢献活動の推進(出前授業など)
  • 地域社会とのコミュニケーション推進
  • 財務情報の適切な開示と非財務情報の開示の充実化
  • 出前理科授業・講義などの継続実施
  • 工場近隣との懇談とコミュニケ―ション活性化支援
  • ホームページのリニューアルとタイムリーかつ適切な情報開示
17

事業活動で貢献する社会的課題

事業活動で貢献する社会的課題長期目標
(〜2030年)
JSR20i9での取り組みJSR20i9での目標関連する
SDGs
環境配慮型製品 環境配慮型製品のラインナップが充実し、環境負荷などの社会課題解決に貢献しており、それらを通じて企業価値が向上している
  • 新定義に従う環境配慮型製品の売り上げ拡大
  • JSRサステナビリティINDEXを活用した社内認証システムの運用開始
  • 環境配慮型製品の売上高比率30%超
    (当該事業の中期経営計画売上目標とリンクさせた目標値を設定する)
71317
健康長寿/衛生・医療へのアクセス向上 「治療から予防へ」「個別化医療」の推進に貢献しており、それらを通じて企業価値が向上している
  • 「先端診断」「バイオ医薬製造プロセス」を中心にライフサイエンス事業の拡大
  • 治療・創薬に貢献する事業の開拓
  • 中期経営計画事業目標の達成
  • 先端診断・個別医療への貢献技術開発の実現
3
生活の質・幸福 顧客への先端素材とソリューションの提供により、SDGsなど社会的課題を解決に導くデジタル社会の実現に貢献し、企業価値を向上させている。
  • 社会のデジタル変革を支える先端素材事業の拡大
  • 中期経営計画事業目標の達成
9