ホームCSR事業活動によって生じる社会的課題 人権

ESG指数、SRI指標と銘柄への組み⼊れ

事業活動によって生じる社会的課題 人権

1.基本的な考え方

JSRグループはグローバル企業として、国連「世界人権宣言(UDHR)」、国連「ビジネスと人権に関する指導原則」および国連「グローバル・コンパクト」の考え方に賛同し、個人の基本的人権と多様性を尊重します。また、あらゆる事業活動において性別・年齢・国籍・民族・人種・出身・宗教・信条・社会的身分・身体障害・性的指向などを理由とする差別を行わず、容認しません。

2.推進体制

企業倫理委員会の活動方針の一つとして、人権の尊重を推進しています。企業倫理委員会にて推進計画を策定し実⾏、進捗状況を確認しています。

3.人権に関する課題への対応

(1)グローバルなイニシアティブへの参画

JSRグループは国連が提唱する「グローバル・コンパクト」に賛同し署名しています。また、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンのヒューマンライツ・デューデリジェンス分科会に参画して、ワークショップを受講、情報を収集し社内への展開を図っています。

具体的な活動として、人権方針グループに参画し、各企業との協働により「私たちが考える人権方針のあるべき骨格とは」というテーマで、新たに人権方針を制定する際のモデルケースを発表しました。

現在、この活動を通じて得られた知見を活用して、JSRグループ人権方針の策定に向け社内関係部門と検討を開始しました。

(2)企業倫理要綱

JSRグループでは、「JSRグループ企業倫理要綱」において人権・労働に関する行動規範を以下のように定め、人権を尊重し、差別を禁止しています。

<人権の尊重に関する行動規範>

① 国連「世界人権宣言」や 国連「ビジネスと人権に関する指導原則」など、国際的に宣言され、また各国の憲法や判例で保障された基本的人権を尊重・擁護し、基本的人権を侵害しません。

② JSRグループはもちろん、取引先や協力企業を含め、児童労働、強制労働は一切認めません。

③ 国内外の労働関係法令を遵守するとともに、労働者の団結権、団体交渉を行う権利をはじめとする労働基本権を尊重します。

4.労働環境における人権の尊重

JSRグループは、従業員への責任を経営方針の中に明記し、社員の人権を尊重しています。
・社員一人ひとりは公平な基準に基づき評価されます。
・社員には常に挑戦する場を提供し続けます。
・社員にはお互いの人格と多様性を認めあい、共に活躍する場を提供し続けます。

5.サプライチェーンにおける人権の尊重

JSRグループは、顧客・取引先への責任を経営方針の中に明記しています。
・全ての取引先に誠意をもって接し、常に公正・公平な取引関係を維持し続けます。
・サプライチェーンにおける環境・社会に配慮し続けます。
具体的にはサプライチェーンマネージメントを通じて、顧客・取引先の人権を尊重しています。