採用情報
  • 採用情報TOP

新卒の皆さまへ

  • 伝えたいこと
  • メッセージ
  • 募集要項
  • 推薦応募募集情報
  • 選考のプロセス
  • FAQ
  • グループ会社 採用情報

経験者の皆さまへ

  • 募集職種一覧

元社員の皆さまへ

  • キャリア再開制度

障害をお持ちの皆さまへ

  • ─募集職種一覧
  • PICKUP CONTENTS
  • 伝えたいこと
  • JSRの基本
  • JSR CHALLENGE STORY

メッセージ

未知や失敗を恐れず、 自分の可能性にチャレンジしてほしい。

私たちは「チャレンジ」でつながっている

 当社のウェブサイトをご覧くださいまして誠にありがとうございます。
 私たちJSRでは、新卒採用のスローガンとして「私たちは『チャレンジ』でつながっている。」という言葉を掲げています。
 私たちがもっとも大切にしていること。それはチャレンジです。私たちJSRの社員は、それぞれの「チャレンジ」を通して繋がっています。そして過去から現在までJSRの歩んだ道筋もまた「チャレンジ」によって繋がっています。私たちが大事にしている言葉「チャレンジ」を皆さんと共有したいと考え、このスローガンを作りました。ぜひとも皆さんのこれまで取り組んできた「チャレンジ」、これから取り組んでみたい「チャレンジ」をお聞かせください。

私たちが求める人材像

 メーカーにとって技術力は必要不可欠であり、技術系社員は研究のオリジナリティやクオリティの高さ、技術に対する探究心を重視しています。同時に私たちは「コミュニケーション能力」も非常に重視しています。私たちの製品は最先端の技術に関わり、なおかつどこにもないオリジナルの製品がほとんど。開発効率を図るため、そして顧客に十分な説明を行うため、JSRでは研究開発・製造技術などの部門を問わず、技術者が直接ユーザーとの技術交渉やプレゼンテーションを頻繁に行っています。したがって技術者がユーザーと良好な関係性を構築し、「その先」にある本当の課題が発掘できるか否かは、技術系社員のコミュニケーション能力に掛かっているわけです。
 また、この技術力と共に必要なのが、開発された製品をマーケットへ供給するためのビジネススキーム構築力です。SCMや物流などのインフラ整備、事業企画・戦略の立案、マーケティング、営業活動全般など、これらの要素によるビジネススキームを構築する力が高い技術力と揃ってはじめて会社を成長に導くことが可能となるわけです。  新規事業の立ち上げに果敢に挑戦し続けるJSRには、事務系・技術系社員を問わず、活躍のフィールドは今後ますます広がっていくと言えるでしょう。

入社後の10年で3つの部署を経験することの意義

 JSRではCDPという人材育成制度を導入しています。この制度では、入社後の10年を育成期間と位置づけ、この間に原則3つの部署を経験してもらいます。それぞれの業務を通して本人の適性や志向を量るとともに、JSRの全体像への理解を深めながら自分のキャリアを考えてもらう場になります。同時に、異なる部署を経験することで初めて見えてくる問題点やより幅広い能力、異なる視点を身に付ける効果も期待しています。
 私たちは、「仕事の現場」こそが人を育てると考えています。だからこそどんどん仕事をお任せします。時として、その仕事量によって多忙を極めることがあり、その意味では、心身両面のタフネスなども求める要件として挙げることができます。
 JSRでは出る杭を歓迎します。社内だけで評価される人材ではなく、社外、さらには世界のマーケットで評価される人材を目指して下さい。その志がある方にとって、JSRには魅力的なフィールドが広がっているはずです。
 皆さんの積極的なご応募をお待ちしています。

JSR株式会社 人材開発部 人材開発チーム