• JSRのR&D

R&D部門紹介

  • 機能高分子研究所
  • ディスプレイ研究所
  • 精密電子研究所
  • 先端材料研究所
  • 筑波研究所
  • プロセス技術開発グループ
  • JSRライフサイエンス株式会社
  • R&Dトピックス
  • PICKUP CONTENTS
  • 伝えたいこと
  • JSRの基本
  • JSR CHALLENGE STORY

筑波研究所

Tsukuba Research Laboratories

マテリアルズ・イノベーションのカギとなる将来ビジネスのシーズを探索・深耕

 JSRの次世代研究部門として1989年に設立されたのが筑波研究所です。90年代半ばの旧東京研究所からの機能全面移管を機に、単なる探索研究にとどまらず、新規事業の創出を視野に入れたマーケット開拓型の研究開発に軸足を移行しました。
 いまやJSRの基盤事業の一つとなったファイン事業を育んだのは、かつての東京研究所。その流れをくんだ筑波研究所からも、ライフサイエンスなどの戦略事業が誕生しています。すでに事業として成立している分野の技術・材料開発から、長期的な視点での開発課題までを幅広くカバーしながら、将来の事業のシーズとなる技術を発掘・育成し、将来のビジネスを育てていくのが筑波研究所の役割です。
 現在、筑波研究所では合成ゴムや高分子材料技術をベースとしながら、「光機能性材料」および「エネルギー材料」の分野で事業化を目指す研究開発を行っています。具体的なテーマとしては、光機能材料分野では光ファイバーコーティング剤や自動車配線関連材料をターゲットとするUV硬化樹脂の開発、エネルギー材料分野では燃料電池用電解質膜の開発などがあります。それぞれの分野における技術の発掘・深耕により、未来のJSRを支えるビジネス創出を狙います。

DESOLITER(光機能性材料)

DESOLITER(光機能性材料)

光造形

光造形

炭化水素系電解質膜 (エネルギー材料)

炭化水素系電解質膜
(エネルギー材料)

アドバンテージ

基礎研究から製造までを一貫して行う

 筑波研究所の研究分野は高分子技術をベースとしており、その点ではJSRの他の研究所と変わりありませんが、研究開発の方法や組織には特徴があります。
 特徴の一つは、JSRの主力工場である四日市工場から離れた場所にありながら、最先端技術の基礎研究だけでなく、製造にも直接かかわって開発を進めているところです。基礎技術の開発担当者がそのまま応用技術の開発や製造技術開発にも携わるため、製造段階で問題に直面した場合でも、基礎から見直して対策を立てることが可能。現象のメカニズムをきちんと突き詰めることができ、精度の高い技術の確立を可能としています。
 もう一つの特徴は、筑波研究所における研究開発テーマから誕生したJSRライフサイエンス(株)や(株)ディーメック(いずれもJSRのグループ企業)と共存していることです。とくにJSRライフサイエンス(株)とは現在も建屋を共有。異分野ではあるもののオーバーラップする技術も多く、お互いに刺激を与え合いながら、切磋琢磨しています。

所長からのメッセージ

小宮 全 (こみや・ぜん)

小宮 全 (こみや・ぜん)
筑波研究所所長
1984年入社
理学研究科 化学専攻修了

こんな職場です

異分野からの刺激に満ちた絶好の研究環境

 JSR筑波研究所は、都心へのアクセスの良さ=情報収集の容易さと静謐な環境を併せ持つ「つくば研究学園都市」に位置しており、腰を落ち着けた研究開発を行うには最適な環境といえます。筑波研究所からスピンオフして設立されたJSRライフサイエンス(株)とは現在も同じ建屋に同居しており、さらに周辺には企業の研究機関が数多く存在しています。こうした異分野の研究から刺激を受けることもしばしばです。
 他の研究所とは異なり生産拠点から離れている点は、一見デメリットに思えるかもしれませんが、メリットもいろいろあります。研究試作や生産の設備を自分たちでゼロから立ち上げる必要があるかわりに、基礎研究から生産までの幅広い知見を得ることができ、既存設備や製品に縛られず自由に研究開発を進めることができるからです。
 研究所には若い社員が多く、活気があります。組織的にはテーマグループ制を採用。フラットで風通しの良い組織となっており、年齢に関係なくコミュニケーションをとることができます。

あなたへの期待

常に学ぶ姿勢でチャレンジを続けてほしい

 どれだけ素晴らしい研究開発環境があっても、それを活かせるかどうかは研究員一人一人の考え方や行動次第。大きな成長を得るためには、自ら能動的に行動することが求められます。
 まずは基本的な原理が分かっていないと応用はできませんから、研究者として必要な基本的知識をしっかりと身に付けることが必要。基礎をおろそかにせず、常に学ぶ姿勢を持ち続けてほしいと思います。そして、さらに重要なのは目の前の現象を論理的に解析して、次のステップにつなげていく研究開発の姿勢です。地道な作業ですが、セレンディピティ―に頼らずにイノベーションに結び付ける唯一の道です。
 また上から与えてもらうのを待つ受け身の姿勢では、自らの成長も、技術的なブレークスルーも望めません。したがって未知の世界にも果敢にチャレンジしていく姿勢を持つことが大切です。さらに自分のアイデアを周囲に正確に伝え、チャレンジをバックアップしてもらうためには、コミュニケーション能力も必須の要素となります。
 研究者として必要な基礎知識、チャレンジ精神、そしてコミュニケーション能力。この3つを備えた人なら、いくらでも成長のチャンスがあります。

人材育成の考え方

まず必要なのは日本語でのコミュニケート力

 材料の研究開発においても、グローバル化は避けて通れない課題です。メールのやり取りはもちろん、海外との電話会議や海外出張など、英語でのコミュニケーションを必要とする場面がたくさんあります。外国語でコミュニケートできるようになるためには、外国語を学ぶことも必要ですが、まず身に付けておきたいのが、日本語できちんとコミュニケートする力です。
 筑波研究所では研究員のコミュニケーション能力を養成できる機会をいろいろ設けています。その一つがJSRライフサイエンス(株)と合同で行っている研究検討会。研究員が現在取り組んでいる研究テーマについて課題や進捗状況などを発表し、質疑に答えることによりコミュニケーション能力の向上を図ります。
 また学会が開催する教育研修やセミナーにも若手研究員を積極的に派遣しています。さまざまな企業の研究員が集まる研修やセミナーは、研究開発に欠かせない人的ネットワークづくりの場としても有用です。
 さまざまな分野の研究者、および内外の研究機関や提携先企業との交流を通じて、研究者として必要なスキルを磨いていってほしいと考えています。

※上記内容は2015年1月現在のものです。