• JSRのR&D

R&D部門紹介

  • 機能高分子研究所
  • ディスプレイ研究所
  • 精密電子研究所
  • 先端材料研究所
  • 筑波研究所
  • 生産技術グループ 技術開発部
  • JSRライフサイエンス株式会社
  • R&Dトピックス
  • PICKUP CONTENTS
  • 伝えたいこと
  • JSRの基本
  • JSR CHALLENGE STORY

機能高分子研究所

Performance Polymer Research Laboratories

高分子合成技術を駆使し、 優れた材料を創り出す

 高分子合成技術を駆使して必要とされる物性を実現し、さまざまな機能を持つ高分子材料を創り出すことが当研究所のミッションです。研究開発領域は、エラストマー材料開発、機能化学品開発の2つに分けられます。
 例えば、エラストマー材料開発室では燃費が良くなる省エネタイヤ用の合成ゴム開発を行っており、低燃費タイヤ用ゴムでは世界トップレベルの技術を持っています。機能化学品開発室では、ラテックス技術の新分野への展開を図っており、ディスプレイの光の散乱を制御する光学用粒子、アレルギー物質を含まずに人の手にやさしい手袋用の材料、汚れが付きにくい+付着した汚れが落ちやすい塗料用のバインダーなど、幅広い分野への展開を視野に入れた開発が行われています。
 現在主力製品となっているディスプレイ材料や半導体材料などファインケミカルの製品の多くは、長い歴史を持つ当研究所からスピンアウトしたもの。JSRが目指す環境エネルギーやメディカルの分野で基礎技術を築き上げ、新たな分野での需要を創出すべく、10年先を見据えた研究・開発に日々取り組んでいます。
合成ゴム(エラストマー材料)

合成ゴム(エラストマー材料)

PCL(機能化学品)

PCL(機能化学品)

メディカル粒子(メディカル材料)

メディカル粒子(メディカル材料)

アドバンテージ

日本の高分子合成技術の草分けとして

 JSRは合成ゴムの国産化を実現するために国策企業として1957年に設立されました。当研究所の前身である高分子研究所は、その当時から日本の石油化学技術開発の草分けとして長い歴史と豊富な経験を積み重ね、現在も世界トップレベルの高分子合成技術を有しています。
 この長年に渡って培ってきた確かな技術は、今後世の中で求められている環境エネルギー分野などに活されています。低燃費を実現する環境に優しいタイヤ材料や、バイオエタノールに対応できる新しい自動車部品用のゴムの開発、さらには熱の出入りを制御して一定温度を保つことができる材料、湿度を調整して快適な空間を維持することができる材料など、環境エネルギー分野に貢献するテーマを中心に開発に取り組んでいます。

所長からのメッセージ

但木 稔弘 (ただき・としひろ)

但木 稔弘 (ただき・としひろ)
機能高分子研究所長
1986年入社
工学研究科 応用精密化学専攻修了

こんな職場です

基礎を大切にする風土があり、じっくりと腰を据えた研究ができる環境

 機能高分子研究所は、基礎研究から応用、製品開発までを一貫して行うというJSRのR&Dスタイルを貫いた研究所であり、他研究所に比べると比較的長いタームで研究を行うことが可能なテーマが多いのが特色といえます。基礎を大切にする風土があり、じっくりと腰を据えた研究ができる環境があります。JSR技術の中心である「ポリマー・テクノロジー」に精通し、それを最大限に活用した研究開発を行っています。また、ものづくりにとって、量産化は非常に重要なテーマ。当研究所は四日市工場内にあるため、工場の製造技術部門と協力して量産研究がすぐにできる環境にある点は、大きなアドバンテージといえます。

あなたへの期待

イノベーションを起こすチカラを求む

 当研究所では、イノベーションを起こす作業を積極的にできる人材を求めています。JSRの行動指針は、Challenge (挑戦)、Communication (対話)、Collaboration (協働)、Cultivation (共育)という、『4つのCから始まる言葉』に集約されています。この4つのCは、イノベーションを起こすうえで必要不可欠なものです。ところで、かつてウォルト・ディズニーは、「自らの夢を実現するための秘訣を持っている。」という話をしました。その秘訣も『4つのCから始まる言葉』で表されていました。ディズニーの4Cは、Curiosity(好奇心), Confidence(自信), Courage(勇気), Constancy(継続)です。JSRの4Cとは異なりますが、私はディズニーの4Cも大好きです。常に知的好奇心を持ち、そして自らの考えに自信を持って、また勇気を持って行動ができる、さらにはちょっとやそっとの失敗にはへこたれずに継続していく力を持つことが重要です。イノベーションは、その結果として創出されるものだと信じています。

人材育成の考え方

経験を通して3つの社会人基礎力を養う

 化学全般や実験に対する基礎知識、さらにはそれぞれの専門分野での知識や技術は、仕事をするうえで欠かすことができない要素であるため、早々に身につけてもらいます。さらに「社会人基礎力」を習得してもらいたいと考えています。社会人基礎力とは、以下の3つです。
(1)前に踏み出す力(主体性、働きかけ力、実行力)
(2)考え抜く力(課題発見力、計画力、創造力)
(3)チームで働く力(発信力、傾聴力、柔軟性、状況把握力、規律性、ストレスコントロール力)

(1)は生まれながらに持っている人もいます。(2)は学生時代に身につけられる人もいます。しかし、(3)の力を持っている人はなかなかいません。企業での製品開発や研究課題解決は、1人ではできません。当社の場合、原料の供給先から工場、お客様といった広範な人々との協業が不可欠ですから、チームや関連部署との連携なしには達成できません。したがって(3)はとても重要な力といえます。これらの力を養うためには、なによりも経験が一番。そこでJSRでは若手社員に「それぞれのキャパシティを少しだけ上回る」仕事を任せます。失敗も当然ありますが、壁を乗り越えて目標を達成した時、大きな成長を遂げるようになるのです。