• JSRのR&D

R&D部門紹介

  • 機能高分子研究所
  • ディスプレイ研究所
  • 精密電子研究所
  • 先端材料研究所
  • 筑波研究所
  • 生産技術グループ 技術開発部
  • JSRライフサイエンス株式会社
  • R&Dトピックス
  • PICKUP CONTENTS
  • 伝えたいこと
  • JSRの基本
  • JSR CHALLENGE STORY

JSRライフサイエンス株式会社

JSR Life Sciences Corporation

JSRの戦略事業「ライフサイエンス」 先端材料+バイオ技術で人々の健康に貢献

 JSRが戦略事業に位置付けた「ライフサイエンス」分野を次代の中核事業の一つとして成長させるべく、筑波研究所のバイオメディカル部門を軸に、関連部門を集約する形で2012年に設立されたのがJSRライフサイエンス株式会社(以下、JLSと表記)です。
 JLSは、JSRのポリマー技術、粒子技術をコアとしながら、そこにライフサイエンス系の評価技術やバイオ素材(蛋白、核酸等)の技術を組み合わせることにより、両方の特性を組み合わせた製品開発を行っています。
 現在は「体外診断薬、研究試薬向け材料」「バイオ医薬製造プロセス向け材料」「メディカルデバイス向けの機能性ポリマー材料」という3分野において材料技術の研究開発および事業展開を推進。さらに中長期的には、顧客や提携先の知見も活用しながら、より川下の分野にも研究を拡げ、個別医療やDDSを含む創薬、再生医療、ヘルスケア等の領域への拡大を目指します。
 JLSのミッションは、今後大きな成長が予想されるライフサイエンスの分野において、多様化するお客様のニーズを先取りしたマテリアル開発を行い、より豊かで健やかな社会の実現に貢献することです。JSRによるライフサイエンス分野での積極的な投資と、国内、欧米、アジアなどのグループ各社との連携強化を通じ、人々の健康に貢献する事業をグローバルに展開していきます。
バイオプロセス材料

バイオプロセス材料

メディカルポリマー

メディカルポリマー

診断試薬材料

診断試薬材料

アドバンテージ

国内外に広がるグローバルなネットワーク

 JLSの強みは、JSRが長年にわたり培ってきた「時代の先端を切り拓くマテリアル開発力」と「それを支える人材」にあります。これにベンチャーのスピード感を加味して、時代のニーズを先取りする製品開発に取り組んでいます。
 ポリマー・粒子系の技術と、ライフサイエンス系の技術を組み合わせることにより、新しい発想で高付加価値の製品を生み出します。さらにJSRの他の研究所や工場、出資提携先との間で、それぞれの得意な分野での技術・材料・製品を持ち寄る形で分業するケースも多く、JSRの総合力を生かしたスピーディな開発が可能です。
 とくにバイオ系の素材、技術の導入に関しては、国内外の研究機関や出資提携先とのコラボレーションにも積極的に取り組んでおり、JSRの基盤事業で構築されているグローバル体制を活かし、グローバルでの研究開発ネットワーク構築を進めています。

社長からのメッセージ

神谷 紀一郎 (かみや・きいちろう)

神谷 紀一郎 (かみや・きいちろう)
JSRライフサイエンス株式会社社長
2013年入社
工学部卒

こんな職場です

境界領域での研究開発が経験できる

 研究開発チームは分野ごとに分かれていますが、いずれもポリマー系の技術者とライフサイエンス系の技術者の混成チームとなっています。研究所内には品質保証、製造部門もあり、研究開発部門はこれらの部門と連携して品質保証や製造技術の検討まで担当します。よく「新しい発見は境界領域に生まれる」と言われますが、ポリマー系、バイオ系研究者共に、自分の専門領域だけでなく、専門外との境界領域での研究開発が経験できる職場だといえます。
 さらにJSRの他の研究所や生産拠点、国内外の顧客、研究機関・提携先等と一緒に仕事をする機会も多いのもJSLの特徴です。研究部門内のみならず製造、品質保証、営業など他部門とも密に連携した業務を担当することで、企業の研究者としてより広い視野を身に付けることができます。
 さまざまな専門性を持ったメンバーが、新しいジャンルで協力して研究開発を進めることにより、メンバー自身の成長にもつながる職場にしていきたいと考えています。

あなたへの期待

必要なのは専門性と自立した思考力

 まずは研究者として最低限必要な「専門性」と「自立した思考力」を養っていただくことを期待します。
 在学中は自分の長所(専門性)を伸ばすことが最も重要です。ただし自分の専門のことしかわからないという姿勢では企業の研究職として成功することは困難ですから、専門外のことにも興味を持ち、自分の領域を広げていく柔軟な姿勢が必要です。
 もう一つの自立した思考力とは、人に指示された通りの実験をするだけでなく、自ら考えて研究を進める能力のことです。課題を克服するために何をすべきか。それを自分の頭で考え、具体的な方法を見つけ出す、自立した研究職を目指してください。
 なおJSLの研究開発は一人で行うわけではありません。チームのメンバーや海外を含む社内の他部門、国内外の提携先等との共同作業、すなわちコラボレーションが非常に重要になります。その意味では、語学を含むコミュニケーションスキルの向上にも努めていただきたいと思っています。

人材育成の考え方

営業センスを備えた研究者を育成

 JLSの人材育成はOJTが基本です。研究開発はチームで進めますが、一人一人が担当業務を持ち、その業務に対して責任を持って取り組みます。自ら考えて仕事を進めることによって研究職としての能力の向上を図るとともに、社内外との折衝を担当することで社会人としての能力も育成していきます。
 JLSがJSRの他の研究所と大きく異なるのは、自らが主体となって営業活動まで展開している点。そこで研究者の方々にも営業のセンスを持っていただきたいと考えています。研究職として国内外の顧客とのやりとりを直接担当してもらうだけでなく、その人の適性を見ながらジョブローテンションで営業部門に配属して技術営業を担当してもらうケースもあります。
 こうしたお客様との付き合いは人間の幅を広げますし、そこで得たものを研究開発にフィードバックすることで研究者としての実力も高まります。すべてを経験ととらえ、フレキシビリティを持って吸収していく姿勢が大事です。