• JSRのR&D

R&D部門紹介

  • 機能高分子研究所
  • ディスプレイ材料研究所
  • 精密電子研究所
  • 先端材料研究所
  • 筑波研究所
  • 生産技術グループ 技術開発部
  • JSRライフサイエンス株式会社
  • R&Dトピックス
  • PICKUP CONTENTS
  • 伝えたいこと
  • JSRの基本
  • JSR CHALLENGE STORY

ディスプレイ材料研究所

Display Materials Research Laboratories

ディスプレイ材料のトップメーカーとして常に最先端の高付加価値材料開発に取り組む

 JSRは1980年代にLCD(Liquid Crystal Display/液晶ディスプレイ)関連材料を上市して以来、この分野のトップメーカーとして、業界に関連材料を幅広く提供してきました。現在ディスプレイ材料研究所ではLCDのみならず、有機ELディスプレイや電子ペーパーなどの薄型ディスプレイ用材料、ならびにタッチパネルやイメージセンサー用材料の研究開発を行っています。
 薄型ディスプレイは、テレビ、パソコン、スマートフォン、デジタルサイネージなどさまざまな生活空間で応用範囲が広がっていますが、従来の「広視野角」「高色再現性」「高速応答」といった基本特性向上に加え、今日では「超高精細」や「3D表示」、タッチパネルやイメージセンサーに代表される「情報入力機能」などの付加価値も求められます。さらに最近では、超薄型ディスプレイ、曲面ディスプレイ、フレキシブルディスプレイといった新たな視点での付加価値向上が求められるようになっており、これらを実現できる材料を開発することが、私たちディスプレイ材料研究所に課せられたミッションです。

ディスプレイ模式図
カラーレジスト

カラーレジスト

LCD基板

LCD基板

液晶ディスプレイ

液晶ディスプレイ

アドバンテージ

多くの材料を接点とする多面的な情報を活かし、ユーザーにトータルソリューションを提供

 JSRはディスプレイ関連材料において数々のトップシェア製品を揃えています。その結果、業界のリーディングカンパニーと太いパイプが築かれ、常に最新の技術動向を把握できる環境にあります。単一材料ではなく、多くの材料を接点として得られる多面的な情報は、トータルソリューションを提供する上で非常に大きなアドバンテージとなっています。
 また日本のみならず、韓国、台湾、中国にも研究施設を保有しており、顧客と一緒に市場ニーズを満たすディスプレイ製品をいち早く実現することに役立っています。これは一朝一夕にできることではなく、長年にわたる研究開発によって磨かれた技術力と、顧客との信頼関係によって実現されたものです。

所長からのメッセージ

西川 通則 (にしかわ・みちのり)

西川 通則 (にしかわ・みちのり)
ディスプレイ材料研究所所長
1988年入社
理工学部 応用化学科卒

こんな職場です

グローバルに広がる活躍の舞台

 ディスプレイ産業のグローバル化と多様化が進む中で、変化に追従できる組織体制、研究開発のあるべき姿をイメージしながら日々研究活動をしています。
 組織体制の面では、ディスプレイ材料のトップメーカーとして、業界に先駆け日本、韓国、台湾、中国の4極に研究組織並びに生産工場を設立しました。それぞれ現地の顧客や研究組織と密接なコミュニケーションをとりながら、顧客ニーズを満足する新たなプラットフォーム材料技術や評価技術の開発を行っています。
 常に最先端の研究開発に取り組むことで、顧客の信頼を得られる研究所を目指していきたいと思っています。

あなたへの期待

考察力とチャレンジ精神を持つ人材を求む

 日々の研究活動の中で実験を行えば、必ず何らかの結果は出てきますが、製品という成果につなげるには、研究者としての考察力が必要だと感じています。学生の時に書く学術論文に例えると、「目的」「実験」「考察」「結論」という一連の流れの中で、実験と考察を繰り返すことで産み出される「結論」が会社では製品となります。深い考察なくして、良い製品は産まれません。
 もう一つ重要なことはチャレンジ精神です。競争力のある最先端材料を創出するためには、ブレークスルーとなる技術が必要。失敗を恐れていては、ブレークスルーは産まれませんから、好奇心や向上心を発揮して何事にも積極的にチャレンジしてください。
 最後に、研究活動自体は一人でも完結しますが、製品はチームワークの下にしか完成できません。これは企業という組織の中で働く上での基本であり、コミュニケーションというツールを上手く使いこなせる人材を目指してください。

人材育成の考え方

多様な視点・考え方を身に付けることを期待

 配属後は、薄型ディスプレイの原理をはじめ、薄型ディスプレイや関連部品に必要とされる材料の基本特性やニーズなどを習得してもらいます。各種材料の研究開発並びに顧客とのやり取りを通じて、イノベーションを産み出せる研究者としての独り立ちを目指します。
 グローバル化が進むディスプレイ業界では海外での研究開発も盛んであり、入社1~2年目の若手社員でも海外の研究施設に出張あるいは赴任して、現地での材料開発や、顧客とのface to faceでの打ち合わせ、共同実験等に携わるチャンスがあります。ディスプレイ材料のトップメーカーの研究職として種々の材料開発に携わり、また異なる文化を持つ国々への海外派遣を経験することで、多様な視点・考え方を身に付けてくれることを期待します。

※上記内容は2015年1月現在のものです。