• JSRのR&D

R&D部門紹介

  • 機能高分子研究所
  • ディスプレイ研究所
  • 精密電子研究所
  • 先端材料研究所
  • 筑波研究所
  • 生産技術グループ 技術開発部
  • JSRライフサイエンス株式会社
  • R&Dトピックス
  • PICKUP CONTENTS
  • 伝えたいこと
  • JSRの基本
  • JSR CHALLENGE STORY

先端材料研究所

Advanced Materials Research Laboratories

研究テーマ設定に基本制約を設けない。自由な発想で次世代の事業シーズを探求

 JSRの中で最も新しい研究所、それがこの先端材料研究所です。すでにJSRには高分子、ファイン、光硬化性樹脂、ライフサイエンスなど特定分野に特化したさまざまな研究所があり、それぞれに成果を挙げています。しかし研究開発領域が明確で、上層部や事業部から開発テーマが下りてくる環境だけでは、研究者はどうしても与えられたテーマをこなすことに目が向きがちで、新しい発想がなかなか生まれてきません。そこで「基本制約を設けずに、研究者が自由に発想して材料開発に取り組める場」として、2013年6月にいくつかの小組織を再編する形で誕生しました。
 研究テーマは、材料技術に関連していること、JSRの企業方針に合致していることの2点を満たしさえすれば、基本的に自由です。すでに蓄電デバイスなどエネルギー関連分野の研究や、新規材料プラットフォームの探索などいくつかのテーマが動き始めていますが、従来のJSRの研究開発カルチャーとは異なる新たな研究開発風土を醸成することもこの研究所の大きな役割であり、研究員からの「これは面白いかも」といったボトムアップ的な提案を随時取り入れていきます。
 他の研究所ができないような領域を積極的に取り上げることによって、基盤事業・戦略事業に続く、新規事業ドメイン構築につながるパイプラインテーマを継続的に注入。次世代の事業の柱となる技術や材料を、この先端材料研究所から発信していきます。

アドバンテージ

多様なバックグラウンドを持つ研究者が切磋琢磨

 先端材料研究所は、「従来よりもさらに自由な発想で材料開発に取り組む」ことを旗印に、組織再編によって誕生しました。そのため当初から多様なバックグラウンドを持つ研究者が集まっています。それぞれの専門分野で経験を積んだ研究者が自由に議論し、お互いに刺激を与え合い、切磋琢磨する環境(メディチ効果※)がこの研究所の大きな優位点だといえます。
 また大学、公的研究機関、他企業との協業にも積極的に取り組んでいます。「近畿大学分子工学研究所―JSR機能材料リサーチセンター」をはじめとする内外の研究機関に人材を派遣。そこで得た知見を先端材料研究所にフィードバックすることにより、シーズ志向の強い研究開発に取り組みます。
 研究テーマはエネルギー関連分野など先端材料研究所設立時点から設定されていたものもありますが、メンバーからの提案を取り入れながら随時テーマの入れ替えを行っていきます。組織編成も理想の姿に向かって脱皮と変態を繰り返している最中。最後は美しい蝶となって大空に羽ばたいていきたいと思っています。

※メディチ効果: フランス・ヨハンソンが提唱。異分野から生じた一見無関係に思えるアイデア等をうまく結びつけイノベーションに繋げる相互連関効果。ルネッサンス時代にメディチ家が、彫刻家、科学者、詩人、哲学者、画家、建築家など、幅広い分野の人材をフィレンチェに呼び集めたことにより、さまざまな専門領域の融合を生じ、「創造の爆発」が生じたことに例えた現象。

所長からのメッセージ

梶田 徹 (かじた・とおる)

梶田 徹 (かじた・とおる)
先端材料研究所長
1988年入社
工学研究科 合成化学専攻修了

こんな職場です

10年後の未来を目指して驀進中

 2014年6月の所長就任当初、研究所メンバーと先端材料研究所とはどういう場所かという議論をしたことがあります。まだ設立から1年ということもあり、現状については「暗中模索、有象無象、発展途上、建設中、寄せ鍋」というコメントが多かった一方、将来については「新進気鋭、現状打破、新しい風、画期的技術、チームプレー」といった前向きな意見が出てきました。いま研究所一丸となって、そのありたい姿を目指して邁進している最中です。
 10年後の未来を支える材料開発、技術開発にチャレンジしたい人、自分のパッションを具現化したい人が来てくれることを大いに期待しています。そして10年後、われわれと一緒に勝利の美酒に酔いしれましょう。

あなたへの期待

幅広い知識・スキルを養ってほしい

 基礎体力と運動能力のあるアスリートは、途中で競技種目を変更してもスキルトレーニング次第でその種目で活躍することができます。同様に研究開発も、特定領域のスキルだけしかない人より、科学(化学のみに限定しない)に関する広い基礎知識・スキルを持った人の方が、入社後のOJTによって大きく成長するケースが多いように思います。また企業内研究はさまざまな人と協力しながらチームとして一つの目的の達成を目指しますから、チームプレーができること、対人対応スキルがあることも大切です。
 学生時代は勉学に励むことが大切なのはいうまでもありませんが、ただひたすら勉強や研究のみに打ち込むことは推奨しません。大学・大学院で過ごす期間はわずか数年。一方で、その間に得られる恩師、先輩、同級生、クラブやサークルの友人たちとのつながりは一生の財産となります。ぜひ今の時間を大切にし、研究、学業、サークル活動などあらゆる活動に真剣に取り組み、自分の幅を広げることに努めてください。ユニークなキャラクターを持つ方もWelcomeです。

人材育成の考え方

一人一人の特性や潜在能力を引き出す

 「人材」は企業体力を支える基本的な要素であり、研究開発においてはテーマの成否を左右する重要なファクターといえます。したがって人材育成には力を入れて正面から取り組んでいます。
 画一的な人材育成方針はとらず、個人面談等を実施し、その人の持っている特性や潜在能力を最大限生かすようなきめ細かい対応を行っています。OJTが基本となりますが、単に上から指示を与えるだけでなく、責任のある業務を任せて、自己判断が必要な修羅場を経験してもらうようなこともやっていきます。
 JSRは半導体材料などデジタル産業関係の商品を多く扱っていますが、材料開発の世界は決してデジタルで無機的なものではありません。新しい材料の一つ一つに研究者たちの熱い思い=パッション、魂が込められています。自分の理想とする材料を作りたい。自分の開発した材料で世の中を変えてみたい。そんな情熱や想いを材料開発にぶつけてくれる若い研究者たちを育てたいと思っています。