• JSRの事業
  • 事業分野から見る
  • 最終製品から見る
  • JSRのNo.1
  • PICKUP CONTENTS
  • 伝えたいこと
  • JSRの基本
  • JSR CHALLENGE STORY

事業分野から見る

石油化学系事業
  • 石油化学系製品(エラストマー・TPE等)
  • 石油化学系製品(合成樹脂)
  • 石油化学系製品(機能化学品)
ファイン事業
  • 半導体材料
  • ディスプレイ材料
  • 光学材料
戦略事業
  • ライフサイエンス
  • 環境エネルギー

石油化学系事業

石油化学系製品(エラストマー・TPE・エマルジョン)

合成ゴムの総合メーカーとして、幅広い製品をラインアップしています。乳化重合スチレン・ブタジエンゴム(E-SBR)に代表される汎用合成ゴムは自動車用タイヤをはじめさまざまな産業分野で使われており、近年は低燃費タイヤ用の溶液重合スチレン ・ブタジエンゴム(S-SBR)が注目されています。また熱可塑性エラストマー(TPE)は環境特性においても優れていることから、年々、その適用範囲を広げつつあります。さらに合成ゴムの乳化重合技術をベースに開発されたラテックスも、紙のコーティング材や塗料などとして活用されています。

  • 汎用合成ゴム
    E-SBR(乳化重合スチレン・ブタジエンゴム)、S-SBR(溶液重合スチレン・ブタジエンゴム)、BR(ポリブタジエンゴム)等
  • 特殊合成ゴム
    NBR(二トリルゴム)、IIR(ブチルゴム)、EPM、EPDM(エチレン・プロピレンゴム)等
  • オレフィン系熱可塑性エラストマー
    オレフィン系熱可塑性エラストマー「JSR EXCELINK®」等
  • 熱可塑性エラストマー(TPE)
    「JSR RB®」、「ダイナロン®」等
  • エマルジョン
    「PCL(ペーパーコーティング用ラテックス)」等
pagetop

石油化学系事業

石油化学系製品(合成樹脂)

長年蓄積された技術により、多様なABS樹脂製品を提供。柔軟な製品設計を可能とする技術力によって生み出されるABS樹脂製品は、複数ポリマーの特性をすり合わせたユニークな特徴を持ち、世界中のユーザーにも対応可能な高い品質を持つ世界規準の製品を提供しています。樹脂の使用量削減を可能にする薄肉化や無塗装を実現する材料の開発、使用済み樹脂の再資源化など、環境に優しい樹脂製品の開発と部品設計に取り組んでいます。なお、合成樹脂事業はJSRグループであるテクノポリマー(株)にて事業運営を進めています。

  • 合成樹脂
    ABS一般グレード、ABS特殊グレード、耐候性樹脂AES、ASAグレード
  • 環境対応樹脂
    「BIOLLOY®
pagetop

石油化学系事業

石油化学系事業(機能化学品)

JSRは長年、合成ゴムや高機能樹脂などで培った技術と経験を活かし、『ヒューマンライフに貢献する高機能材料・環境対応材料』をキーワードに、さまざまな機能化学品を開発してきました。高機能分散剤「ダイナフロー®」は各種分散剤や乳化安定材、インクジェット用のインク添加剤などに活用。外壁コート材「グラスカ®」や「グラスカ®」に光触媒機能・撥水機能を持たせた「ダイナセラ®」は耐候性・耐久性に優れ、ユーザーから高く評価されています。

  • 多機能・高性能分散剤
    高機能分散剤「ダイナフロー®」等
  • 高機能ゾルゲル材料
    溶剤系「グラスカ®」、水系「グラスカ®」、機能性コート剤「ダイナセラ®」等
  • 高機能・工業用粒子
    高架橋粒子 等
  • 電池材料
    「電池用バインダー(SBラテックス)」等
  • 水系高耐久防汚性エマルジョン
    「SIFCLEAR®
  • 潜熱蓄熱材料
    「CALGRIP®
pagetop

ファイン事業

半導体材料

JSRは長年培った高分子技術を活かし、1970年代後半から半導体材料事業に参入。以来長きにわたる研究開発・生産活動によって、フォトレジストなどのリソグラフィ材料、多層配線形成に欠かせないCMP材料や感光性絶縁膜材料など、さまざまな高性能材料をラインアップしています。JSRは、最先端半導体材料のグローバルマーケットリーダーです。今後も新規材料の開発を進め、高品質な半導体材料を市場に提供していきます。

  • リソグラフィ材料
    フォトレジスト、トップコート材料、塗布型ハードマスク材料 等
  • プロセス材料
    CMPスラリー・CMPパッド 等
  • 先端実装材料
    感光性絶縁膜材料、厚膜加工用フォトレジスト 等
pagetop

ファイン事業

ディスプレイ材料

もはや私たちの生活に欠かせないものとなった液晶ディスプレイ(LCD)。JSRは独自の高分子技術を活かし、LCD用配向膜、保護膜、顔料分散レジスト、感光性有機膜などの材料開発および製品化を通じて、LCDの技術進歩に貢献してきました。ディスプレイは高解像度化、高画質化が進む一方、軽量化や低消費電力化といった課題も同時に克服することが求められています。私たちJSRは、フラットパネル・ディスプレイ業界のトータル・マテリアル・サプライヤーとして、さらなる研究開発を進めています。

  • LCD材料
    配向膜、着色レジスト、保護膜、感光性透明有機膜 等
  • 新規 FPD材料
    UV硬化樹脂 等
pagetop

ファイン事業

光学材料

光ファイバーによるデータ通信が広く普及しています。これを支えているのがJSRの紫外線硬化樹脂デソライト/DESOLITE®です。現在、製造されている光ファイバーの多くに、コーティング材や光ケーブルバインダー材料として使用されています。また、樹脂が光で硬化する性質を活かし、レーザー光によって精密な3D立体像を作成する光造形システムを提供し、形状・機能確認のための「ラピッドプロトタイピング」から、実際の製品として製造する「ラピッドマニュファクチャリング」まで市場に貢献しています。

  • 紫外線硬化樹脂
    光ファイバーコーティング材 等
  • 光造形
    マイクロ光造形システム、マイクロ波成形システム 等
pagetop

戦略事業

ライフサイエンス分野

JSRは高分子技術をベースに、バイオ医薬製造に用いるバイオプロセス材料や先端診断に用いる診断試薬材料の開発を行ってきました。現在、JSRではこのライフサイエンス事業を戦略事業の一つと位置づけ、研究開発に取り組んでいます。タンパク質、核酸、細胞などの分離や精製、免疫測定などの臨床検査に適した磁性粒子や化学合成されたブロッキング試薬などニーズに合わせた高性能・高品質製品を提供しています。JSRのマテリアルは、人類の健康や、医療の進歩にも貢献しています。

  • 診断試薬材料
    ラテックス粒子、磁性粒子 等
  • 抗体医薬精製
    プロテインAアフィニティ担体 等
pagetop

戦略事業

リチウムイオンキャパシタ

地球温暖化問題を発端とする環境意識の高まりを受け、太陽光、風力などの自然エネルギーによる発電や省エネ技術、電気自動車、燃料電池自動車などに注目が集まっています。JSRグループでは持続可能な社会の実現に向け、リチウムイオンキャパシタを提供しています。

  • リチウムイオンキャパシタ
    高性能リチウムイオンキャパシタ「ULTIMO®」等