ホーム / 投資家情報(IR) / ディスクロジャーポリシー

投資家情報(IR)

ディスクロジャーポリシー

当社は、株主および投資家をはじめとしたステークホルダーの皆様に、公平・迅速かつ正確な情報を開示するために、以下の通り、ディスクロージャーポリシーを制定しております。

(基本方針)
当社は、金融商品取引法等の関係法令および東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「適時開示規則」)に沿って、適時・適切な情報開示に努めます。
適時開示規則等に該当しない情報につきましても、株主および投資家をはじめとしたステークホルダーの皆様の理解を助けると判断した重要な情報は、積極的かつ公平に開示いたします。

(開示方法)
適時開示規則に則った情報開示は、東京証券取引所のTDnet(適時開示情報伝達システム)に行い、当社ホームページにも掲載いたします。
適時開示規則にあたらない重要な情報開示につきましては、当社ホームページに掲載することに加えて、プレスリリースなどにより適時・適切に行います。

(沈黙期間)
決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日翌日から決算発表までの期間を沈黙期間といたします。
沈黙期間中におきましては、業績、決算内容に関する取材対応やコメントを差し控えることにしております。

(将来情報について)
業績見通し等の将来に関する記述につきましては、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。


投資家情報(IR)