ホームCSRJSRグループのCSR JSRグループが取り組むべき重要課題

SRI指標と銘柄への組み入れ

JSRグループが取り組むべき重要課題

JSRグループでは、経営とCSRの一体化を意識し、持続可能な地球環境や社会の実現に貢献するため、重要課題を特定しています。その過程で、「JSRグループにとっての重要度(内部要因)」と「ステークホルダーにとっての重要度(外部要因)」を2軸としたマトリクスを使用しています。
毎年、社会からの要請の変化に伴い、重要課題の見直しを実施しています。
2017年4月、当社の新中期経営計画「JSR20i9」のスタートにあたり、JSRグループが取り組む重要課題をCSR活動の推進という観点で、次の通り再整理しました。
JSRグループは、「事業活動で貢献する社会的課題」「事業活動によって生じる社会的課題」「事業活動の基盤となる課題」の3つの軸で重要課題を解決してまいります。

事業活動で貢献する社会的課題 事業活動によって生じる社会的課題
健康長寿
衛生・医療へのアクセス向上
生活の質・幸福
環境配慮型製品
安全衛生への取り組み
気候変動緩和
環境負荷低減
廃棄物削減
水資源の保全
労働環境
ダイバーシティ
人権
サプライチェーンマネジメント
地域・社会とのコミュニケーション
株主および投資家とのコミュニケーション
事業活動の基盤となる課題
コーポレート・ガバナンス
コンプライアンス
リスク管理
レスポンシブル・ケア

過去に実施した主な有識者との対話テーマ

有識者:
ダイバーシティ(2010年)
有識者:
生物多様性保全(2012年)
有識者:
JSRグループにとってのCSR(2013年)
有識者:
JSRグループの環境保全活動(2014年)
有識者:
企業理念と事業を通じたCSR(2015年)
有識者:
JSRグループが取り組むべき重要課題の検証(2016年)
有識者:
次代のJSRグループを担う人材の育成および働き方(2017年)