ホームCSR事業活動によって生じる社会的課題 気候変動対策

SRI指標と銘柄への組み入れ

事業活動によって生じる社会的課題 気候変動対策

1.エネルギー使用量

JSRは、レスポンシブル・ケア推進委員会において、『環境・化学品管理中期計画』を定めており、この中で地球温暖化防止対策としてエネルギー削減に関する原単位の目標を定めています。目標達成のため、省エネルギーおよび省資源を目的に「E-100plus」プロジェクト活動を全社で推進しました。2016年度はエネルギー原単位削減目標を達成することができませんでしたが、今後も全社的な省エネルギー活動を継続し、省エネルギー推進に努めていきます。

(1)エネルギー削減目標

省エネ法に従い、エネルギー原単位を年平均1%削減

(2)エネルギー使用量(原油換算)及び原単位指数※1

エネルギー使用量(原油換算)及び原単位指数※1

2.温室効果ガス排出削減の取り組み

近年、グローバル規模では企業が間接的に排出するサプライチェーンでの温室効果ガス排出量を管理し、対外的に開示する動きが強まってきています。JSRでは環境省発行の「サプライチェーンを通じた温室効果ガス排出量算定に関する基本ガイドライン」に基づき排出量を算出・把握し、排出量削減に向けた活動に取り組んでいます。

【Scope1】
事業者又は家庭が所有又は管理する排出源から発生する温室効果ガスの直接排出(燃料の使用(工場・暖房器具・自家用車等))
【Scope2】
電気、蒸気、熱の使用に伴う温室効果ガスの間接排出(購入電気の使用等)
【Scope3】
Scope2を除くその他の間接排出
(事業者:原材料の調達、従業員の出張、廃棄物の処理委託等、
 家庭:製品の購入、旅行、廃棄物の処理委託等)

事業者における温室効果ガス排出の範囲(イメージ図)

事業者における温室効果ガス排出の範囲(イメージ図)

(1)サプライチェーンを通じた温室効果ガス排出量算定

カテゴリ 2015年度排出量 2016年度排出量 算 定 対 象
CO2
(t)
比率
(%)
CO2
(t)
比率
(%)

Ⅰ. 直接排出
(Scope1)

379,019 54.8 397,252 28.2

■ 自社での燃料の使用や工業プロセスによる直接排出

Ⅱ. エネルギー起源の間接排出
(Scope2)

272,225 39.3 260,455 18.5

■ 自社が購入した電気・熱の使用に伴う排出

Ⅲ. その他の間接排出
(Scope3)

40,597 5.9 749,048 53.2

・2016年度より、新たに算出項目を追加

その他の間接排出(Scope3の内訳)
カテゴリ1 購入した物品・サービス - - 668,734 89.3 原材料・部品・仕入商品・販売に係わる資材等が製造されるまでの活動に伴う排出
・2016年度より算出
カテゴリ2 資本財 - - 37,553 5.0 自社の資本財の建設・製造から発生する排出
・2016年度より算出
カテゴリ3 Scope1,2に含まれない燃料および
エネルギー活動
6,551 16.1 6,713 0.9 他社から調達している電気や熱等の発電等に必要な燃料の調達に伴う排出
カテゴリ4 輸送、配送
(上流)
12,172 30.0 14,133 1.9

① 報告対象年度に購入した製品・サービスのサプライヤーから自社への物流(輸送、荷役、保管)に伴う排出

② 報告対象年度に購入した①以外の物流サービス(輸送、荷役、保管)に伴う排出(自社が費用負担している物流に伴う排出)活動量:国内、及び海外の出荷物流量

カテゴリ5 事業から出る廃棄物 9,343 23.0 9,152 1.2 自社で発生した廃棄物の輸送、処理に伴う排出
カテゴリ6 出張 327 0.8 330 0.0 従業員の出張に伴う排出
カテゴリ7 従業員の通勤 1,182 2.9 1,194 0.2 従業員が事業所へ通勤する際の移動に伴う排出
カテゴリ8 リース資産
(上流)
47 0.1 46 0.0 自社が賃貸しているリース資産の操業に伴う排出(Scope1,2で算定する場合を除く)
カテゴリ9 輸送、配送
(下流)
10,916 26.9 11,156 1.5 自社が販売した製品の最終消費者までの物流(輸送、荷役、保管、販売)に伴う排出
(自社が費用負担していないものに限る。)
カテゴリ10 販売した製品の加工 - - - - 事業者による中間製品の加工に伴う排出

・化学品中間素材メーカーのため、製品の加工は算定対象外

カテゴリ11 販売した製品の使用 - - - - 使用者(消費者・事業者)による製品の使用に伴う排出

・化学品中間素材メーカーであり、製品の使用には該当しないため、算定対象外

カテゴリ12 販売した製品の廃棄 - - - - 使用者(消費者・事業者)による製品の廃棄時の処理に伴う排出

・化学品中間素材メーカーのため、製品の廃棄は算定対象外

カテゴリ13 リース資産
(下流)
59 0.2 38 0.0 賃貸しているリース資産の運用に伴う排出
カテゴリ14 フランチャイズ 0 0.0 0 0.0 フランチャイズ加盟者における排出

・事業形態がフランチャイズ方式ではないため排出はありません。

カテゴリ15 投資 - - - - 投資の運用に関連する排出

・「利益を得るための投資」には該当しないため、算定対象外

Scope3合計
(カテゴリ1〜カテゴリ15)
40,597 100 749,048 100.0

(2)Scope 1 への対応

JSRは『環境・化学品管理中期計画』において、省エネルギー活動を通じた温室効果ガス削減に向けた活動を進めています。

① CO2排出削減目標と排出量

CO2排出量(3工場)
CO2排出量(3工場)
CO2削減目標

政府目標を念頭に、CO2削減を推進

JSRでは鹿島工場(鹿島南共同発電)での燃料転換や四日市工場での汚泥脱水設備の導入など、省エネ技術の高度化に取り組み、『3工場トータルのCO2排出量を1990年度対比6%削減体制』を2012年度に確立しました。2016年度は、1990年度対比で約9%のCO2排出量削減となりました。なお、原単位指数は、1990年を100とすると2016年は68となり、削減傾向にあります。

② CO2排出量削減対策の事例紹介

事例1:天然ガス焚きガスタービンコージェネレーション設備導入によるCO2排出量削減

天然ガス焚きガスタービンコージェネレーション設備(四日市工場)

天然ガス焚きガスタービンコージェネレーション設備(四日市工場)

2010年4月に四日市工場に天然ガス焚きガスタービンコージェネレーション設備を導入しました。燃料として天然ガスを使用することで従来の石炭および重油焚き蒸気ボイラーおよび復水蒸気タービン設備と比較して、2016年度はCO2排出量を約3.9万トン削減することができました。

事例2:汚泥燃料化によるCO2排出量削減

汚泥乾燥装置(四日市工場)

汚泥乾燥装置(四日市工場)

2012年度に四日市工場総合排水処理施設から排出される汚泥を乾燥させる汚泥乾燥設備を導入しました。従来は含水率の高い汚泥を助燃剤(重油)を使用して場内で焼却していましたが、乾燥して燃料化することで助燃剤を削減することができ、2016年度はCO2排出量を約2.5千トン削減することができました。

(3)Scope 2 への対応

① 本社ビルにおける省エネルギー活動

本社ビルにおける電力使用量削減目標

2009年度、2010年度での電力使用量の平均値(基準年平均値)に対し、8%削減

主な取り組み

  • ・非使用時の照明やプリンターなどのOA機器類の電源オフ徹底
  • ・クールビズの実施
  • ・6月〜9月の週2日早出早帰り
  • ・節電と業務効率の両立が可能となる、適切な室温空調管理 など

本社ビル電力使用量の推移

本社ビル電力使用量の推移

東京都では、一定規模(延床面積5,000m2もしくは年間の電力使用量が600万kWh)以上のテナントに対し、「東京都環境確保条例」でCO2排出量削減を義務化しています。
JSRは、当条例において削減を義務化されている対象事業者ではありませんが、自主的にエネルギー削減目標を定めて省エネルギー活動を推進しています。
2016年度は、上記の主な取り組みを実施した結果、電力使用量は基準年平均値を下回り、基準年平均値対比で19%の削減を達成しました。

(4)Scope 3 への対応

① 物流の環境対策:輸送の効率化

輸送における環境対策として、改正省エネ法で定める特定荷主として輸送エネルギー削減への取り組みを行っており、ローリーの大型化やトラックから鉄道・船舶へのモーダルシフトを進め、輸送エネルギー原単位の削減に取り組んでいます。
2016年度も、製品・原料の鉄道・船舶輸送化を推進し、その結果、モーダルシフト率は前年度対比で向上し、輸送エネルギー原単位も前年度対比で削減することができました。

輸送にかかわる各データ
年度 2012 2013 2014 2015 2016
輸送量(百万トンキロ 471 492 523 511 562
鉄道・船輸送比率(%) 82 83 85 86 87
エネルギー使用量(kl:原油換算) 8,655 9,026 9,388 9,112 9,898
エネルギー原単位(kl/千トンキロ) 0.0184 0.0184 0.0180 0.0178 0.0176
CO2排出量(トン) 21,907 22,960 23,984 23,333 25,495
■ 原料・資材の輸送、配送(トン) 9,686 10,489 12,028 12,172 14,133
■ 事業から出る廃棄物の輸送(トン) 175 164 186 245 206
■ 製品の輸送、配送(トン) 12,046 12,307 11,770 10,916 11,156

※ トンキロ:[貨物重量(トン)]×[輸送距離(キロ)]